副院長挨拶

柏原クリニック/副院長 山﨑恭平のご挨拶です
山﨑恭平副院長

副院長就任にあたって

 4月から、柏原クリニックでお世話になっています山﨑です。
私は、長野県上田市出身です。育った場所は上田西高校の近くで、塩尻という所です。中学、高校は上田城の近くに通いました。

 1年東京で浪人生活を送って、秋田大学に入学しました。秋田には、大学と初期研修を含めて11年間いました。秋田市自体は30万人くらいの大都市でしたが、冬になると雪が多くて、住むのに大変でした。まあ、研修医のころは、ほとんど、病院で寝泊まりしていましたが。

 呼吸器、消化器、糖尿、肝臓、外科、小児科など、ローテートしました。途中から循環器を選択しました。循環器の患者さんは、その時しっかり治療しないと亡くなってしまいますが、一旦良くなると元気に働けるようになるのでやりがいを感じました。

 研修を終えてから、松本協立病院に帰ってきて、同時に信州大学で研修しました。この頃、松本サリン事件があり、その日、当直だった私は松本協立病院に20名ほど被害者の方を入院させました。秋田の研修が役だって、サリンの治療もできました。

 その後、県立木曽病院、昭和伊南病院に勤務しました。循環器専門ですが、最近は、糖尿病、睡眠時無呼吸、腎不全の患者さんも診ています。透析患者さんも、自分で導入した患者さんは引き続き、導入後も診療しています。

 この度、以前から懇意にしていただいた水上悦子院長、哲太郎先生、元木曽病院長の久米田先生のお誘いで勤めることになりました。患者さんの声をしっかり聞いて、その人がこのクリニックへ来て良かったと思える診療をしたいと思います。そのため、周りの医療機関ともしっかり連携を取っていきたいと思います。幸い安曇野赤十字病院、医師会の先生方とも昔からの知り合いなので助かります。

 診療以外の目標は、有明山と餓鬼岳の登山です。私は、高校のころは柔道、大学に入ってラグビーをしていましたが、大学の時、夏休み、冬休みは山岳部に入れてもらって、登山をしていました。その後、年に1度は登山をしています。百名山登山はあきらめましたが、一昨年日本の3000m以上の山を登り切りました。穂高に来て、一番目立つ有明と、まだ登っていない餓鬼岳を今年はぜひと思っています。誰か、ガイドをお願いしたいです。

専門資格
・日本内科学会認定総合内科専門医・指導医
・日本循環器学会専門医
・日本心血管インターベンション治療学会専門医
・日本不整脈学会専門医

所属学会
・日本内科学会
・日本循環器学会
・日本心血管インターベンション治療学会
・日本不整脈学会
・日本透析医学会
・信州医学会

【関連ページ】 STAFF BLOG #003 『餓鬼岳登山〈2021年7月〉』

当クリニックについて