• Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
印刷

 

 

 柏原クリニックには、30年以上も通院されている透析患者さまが何人もおられ、スタッフとのお付き合いも長いために、自然と家庭的な雰囲気が生まれています。長期にわたる療養生活を通じて、患者さまとスタッフとの間に信頼関係が築かれていて、患者さまから安心してお体を任されている実感があります。その信頼に応えるため、スタッフも患者さまの様子に常に気を配り、どんな小さな体調の変化も見逃さないように努めています。

 患者さまが人工透析や病院の方針について良く理解してくださっているので、非常に協力的で、そのためスタッフも非常に働きやすいです。私は臨床工学技士として、こちらに赴任してまだ日が浅いのですが、レベルの高いスタッフが多いために、私自身も安心して仕事ができます。これまでに勤務した中では、もっとも働きやすい職場と言えます。看護助手の積極的な仕事ぶりも当クリニックの特徴で、そのサポートのおかげで看護師や技士などは、自らの職務に専念できています。

 柏原クリニックには長生きの患者さまが多く、療養生活の中で風邪を引いたり骨折したりと、様々な病気や怪我などに出会う機会があります。その都度、一般の方とは違う対応が必要になることもあり、一人ひとりの患者さまに適した治療を提供するために、日々勉強しなくてはならないと思っています。

 

 私は管理栄養士として、患者さまへの栄養指導と、実際に厨房に入っての患者さまの食事作りもしています。食事の栄養価が正しく計算されていても、実際に口に入らなければ意味がありません。大病院に比べて患者さまの人数がさほど多くないこともありますが、お粥の固さを好みに合わせて調整したり、野菜をミキサーにかけたり、それぞれの方に合った食べやすい食事を常に心がけています。最初は上手く食べられなかった患者さまのお膳が空になって来るのを見るのは達成感があります。

 食材には、地元の旬の野菜や米を使っていて、地元の患者さまやスタッフはもちろん、臨時透析で県外から来られる患者さまにも美味しいと大変喜ばれています。栄養価にこだわり過ぎて味を落とすのではなく、楽しく食べられることが第一というのが先生の方針です。

 栄養指導で気をつけているのは、押し付けにならないことです。患者さまのお話を良く聞いて、実際に継続して作ることができる食事の作り方や食材の選び方を患者さまと一緒に考えています。「カリウム」と言っても患者さまには分かりにくいので、「ほうれん草」など、食材を例にとってお話をするようにしています。

 当院は家族的な雰囲気があるので、栄養指導の日だけに、かしこまって話しをするというより、患者さまが何か気になることがあれば、いつでも声をかけてもらって、日常的に食事や栄養の話をしています。