• Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size

【INDEX
 ①放射線部門
 ②検査部門 
 ③福祉車両課 

 ①放射線部門

 

 X線撮影装置、X線透視撮影装置に加え、平成30年3月から80列MDCT装置を、平成31年3月に骨密度測定装置とFPDを導入し、稼働を始めました。

 X線CTは、導入当時県内初設置の最新鋭の装置で、冠動脈CTに対応する高性能なCTです。

 X線透視撮影装置は、DSA対応でPTAなどの血管内手術やペースメーカ植込み術など、高度な手技もこの部屋で行う事が出来ます。

 小さなクリニックとしては珍しい高性能な各種装置と、厚い経験に基づく高度な技術をもって、外来診療、透析治療、入院患者様の診療をサポートします。

 

X線撮影装置・X線透視撮影装置 


X線CTと画像処理ワークステーション


X線骨密度測定装置(DEXA法)


↑【INDEX】へ戻る

 ②検査部門

 

 臨床検査室は、2名の臨床検査技師が検査業務を行っています。

 生理機能検査業務は、直接患者さんと接して行う検査が中心となります。循環生理検査、呼吸生理検査、超音波検査など多くの生体検査業務を担っています。

 検体検査業務は、患者さんから採血した血液検体や尿・糞便、分泌物等を自動分析装置や顕微鏡・測定キットなどを用いて分析し検査結果を報告します。

 病理検査や特殊検査は外部の検査センターへ委託して広い範囲の検査をカバーしております。

 最近では、新型コロナウィルスの流行に関連して検査業務が多くなってきています。

 令和3年1月より、コロナウィルスの感染を判定するPCR検査を行うようになりました。

 加えて、令和3年5月末より、当クリニックがコロナワクチン接種のサテライト施設として機能するようになり、準備に携わっています。

心電図検査装置 

超音波検査装置

PCR検査装置他

ABI検査装置

顕微鏡

 

↑【INDEX】へ戻る

 ③福祉車両課

 ボランティア送迎サービス車両運行

 医療法人金剛では、自力通院が困難な患者さんを対象とした、送迎サービス(ボランティア)車両を運行しています。

 送迎範囲は、ご自宅玄関よりクリニック玄関までの送迎です。
介助の必要な患者さんについては、ご家族またはご家族が依頼したヘルパーさんが送り出し介助・お出迎え介助を行うようお願いいたします。
クリニック到着後は、スタッフがご案内いたします。

 送迎方針
私どもが優先するものは “ 安全運行 ”です。
運転要員は、常に安全を意識しながら運行しています。
運転要員は、利用者が気持ちよく乗車できるよう努めています。
管理者は、運転要員に対し、定期的に安全教育を実施しています。

 その他
送迎サービスは、多数の方が利用しますので、運行中は少しでも楽しく、穏やかにご乗車ください。
送迎サービスの利用に際し、利用規約など詳細はスタッフにお尋ねください。

↑【INDEX】へ戻る